活動報告

動く!?お化け屋敷!!

投稿日 2017年8月14日

一時期はその存続さえ危ぶまれ、現在もまだ多くの問題を抱えている銚子電鉄。

ここで一昨年よりユニークな夏のイベントが開催されています。

なんと、日本で初めてとなる走る電車の中でのお化け屋敷!!

しかも怪談蒐集家の寺井氏がプロデュースを務めるという本格的な内容。

地元の大学生、高校生が受付をしたり、お化けになったり、さらには銚子名物のぬれ煎餅の体験ができたりと、まさに銚子が一丸となったイベントです。

TVをはじめ各メディアでも取り上げられ、回を重ねるごとにその知名度とクオリティも上がってきています。

ホラーとまちづくり、地域の活性化が結びついたのならば、行くしかないでしょう!!

ということで、応援する意味も込めて行ってきました!

元々ホラー好きということもあり、館山市の廃墟を活用したお化け屋敷「臨怪荘」と合わせて1泊2日の弾丸ホラーツアーを実施。(臨怪荘についてはまた後程)

 

  

  

 

ネタバレになってしまうので、内容については書きませんが、

電車なので一度乗車すると終わるまで降りることができない、自分からは動くことができず、時間が過ぎるまで終わらないという斬新なお化け屋敷でした。

どうしても無理な人は避難車両があるようです。

そして、無事に??下車した後はホームにてお化けたちと一緒に記念撮影!!

  

銚子に関わる全ての人たちの頑張りを感じることができた、まさにオール銚子なイベントでした。

今あるものをどう活かすか。

考えさせられる1日でした。

今年のチケットは残り僅かなようです。(8/14日現在)

興味のある方は是非一度行ってみてください。

怖い中にも、暖かみのあるそんな素敵なイベントです。

次回は、臨怪荘について書きたいと思います。

 

 

 

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード
障害当事者がアクセシビリティチェックをしています
この製品は障害者が制作に関わっています

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。いしずか,いしづかゆう,いしづかゆう,石塚裕,石塚ゆう