活動報告

あれから7年

投稿日 2018年3月11日

東日本大震災から今日で7年。
震災後の数年は震災の大きな衝撃、被害の甚大さ、目に見えない放射能の恐怖などもあり、また各メディアも特集を組むなどしていたため、多くの人々の記憶に残ることとなった。
しかし、月日が経つにつれ、復興が進み、徐々に人々の生活が戻ってくるとともに、報道もトーンダウン、そしていつしか遠い過去の事のように、人は思う。

当時、私は震災ボランティアとして東松島市へと向かった。
目に映ったのは津波によって全てが流されていた町の姿。
まるで、何か映画のワンシーンのような廃墟。
本当に同じ日本なのか、そう思った。
少し前まではそこに人が住んでいて、私たちと同じように普通に生活をしていたことなど信じられないぐらい衝撃的だった。
大自然の前では人間はなんて無力なのだろうか。

そのような、まるで戦後の日本のような状態からの復興。
「心をひとつに」「被災地に寄り添う」当時の日本人は皆そう思っただろうし、そういう空気に包まれていた。

あれから7年。
政府主催の追悼式が東京都千代田区の国立劇場で営まれ、秋篠宮ご夫妻、安倍晋三首相ら三権の長、遺族の代表ら計約820人が参列し、地震発生時刻の午後2時46分に合わせて、黙とうをささげた。
まだ復興は道半ばである。
震災当時と今では支援の内容も変わってきているため、現地に赴きボランティアをすることはしていないが、
私自身、忘れないため、そして何より微力ではあるが何かできないかと、ハタチ基金による「一ノ蔵」を毎年購入している。
ハタチ基金については以前の記事をご参考にしてほしい。

3.11未来へつなぐバトン

そして、震災で浮き彫りになった原子力発電の問題も深刻である。
震災が直接的な原因ではないとしても、一歩間違えると大惨事となり、死の大地と化してしまうようなエネルギーは辞めるべきであると思うし、これを教訓にエネルギー政策に関しても方向転換する時期にきているのだと思う。
まだまだ、復興は道半ば。
松戸の地から自分にできることを考えさせられた1日であった。

あれから7年となった今日は、偶然ではあるが地元の野菊野団地での防災訓練に消防団の一員として参加させて頂き、夜は地元を防災パトロール。
首都圏にもいつかはくるだろう大震災。
3.11を経験したからこそ、きちんと対策をし、備えなければならない。

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード
障害当事者がアクセシビリティチェックをしています
この製品は障害者が制作に関わっています

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。いしずか,いしづかゆう,いしづかゆう,石塚裕,石塚ゆう