活動報告

4月8日

投稿日 2018年4月8日

松戸市内各地でさくらまつりでした。

桜はほとんどが散ってしまい、残念な限りでしたがまつり自体には多くの方が訪れ盛況だったようです。

さて、タイトルの4月8日ですがさくらまつり以外にも花まつりが行われました。

花まつりとは、お釈迦様の誕生を祝う行事でお釈迦様の誕生の日である4月8日に行われています。

お花で飾られた花御堂に祀られたお釈迦様に柄杓で甘茶を注いで拝みます。

これはお釈迦様が生まれた時、9匹の龍が現れて甘露の雨を降り注いだという伝説に基づくものとされています。

甘茶を用いるようになったのは江戸時代からで、それ以前は五香水や五食水と呼ばれる香水を使用していたそうです。

甘茶自体、特に若い世代にはあまり馴染みのないものなので、知らない人もいるのではないでしょうか。

4月8日にお寺などの花まつりでは甘茶ふるまってくれるところもありますので、行ってみるのも良いでしょう。

信仰するしないは各人の自由ではありますが、こういった行事は次世代へ引き継いでいかねばなりません。

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード
障害当事者がアクセシビリティチェックをしています
この製品は障害者が制作に関わっています

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。いしずか,いしづかゆう,いしづかゆう,石塚裕,石塚ゆう